大津商工会議所ビジネススクール 【業務改善セミナー】
セミナー紹介

セミナー紹介

業務改善セミナー

アイデアと工夫で不況を乗り切る!!

◆『業務改善』の現実
たくさんの企業で、『コスト削減』を中心として業務改善を行っています。しかし・・・。
経営者「思ったような効果が出ない」
「社員が言う事を聞かない」
従業員「会社が息苦しい」
「仕事がし難い」
⇒狙い通りの効果が出ず、取り組みを止めてしまう企業も多くあります。
■原因は?
①「なぜ」
『業務改善』の目的についてのコンセンサス不足
◇『業務改善』の目的は、売上が伸び悩むなかでも、会社の利益を確保し経営の安定と賃金・雇用の維持をする為の行為
②「やり方」
①の状態で個々具体的な指示を積み重ねる失敗。
「紙は裏も使え」
「蛍光灯を減らせ」
「残業をするな」
⇒経営者や担当者が業務を妨害する
悪者になってしまい社内の関係性悪化を招き、業務改善活動の本来の目的も失うことになります

セミナー名称業務改善セミナー
開催日数1日
時間6時間
会場弊所会議室
対象者経営者、及び、管理職(候補者)
講師専属講師
カリキュラム
  • ■『業務改善』の目的

  • 業務の改善による無駄の削減は利益確保の最短コース
    ※売上には原価や経費が掛かるが、「経費の削減=利益の増加」であることを認識する。
    「本来、皆の幸せの為のお金がムダになっているのを改善し、正しい使い方に変える!」
  • ■講座概要

    • 目的と期限と成果を明確に
      「なぜ」「何を」「どの様に」「いつまでに」「どうなる」
    • トップダウンではなくボトムアップで
      自分が会社を良くする(作る、支える)意識が必要
    • トップがすべきこととは
      ボトムアップの運動を管理するのがトップの仕事
    • 業務改善の手法
      業務改善は各業務の「品質向上運動」
  • ■講座の狙い

    • ①『業務改善』に対する正しい理解
      『業務改善』は大変という誤解を持っておられる方には、誤解を解き「大変(大きく変える)」ではなく「小変(小さい変化)」の積重ねであることを知って頂きます。②利益体質の強い企業組織への変革
      全社が利益(≠売上)を意識した、会社の業績は自分で作るという意識を持った組織風土を作るためのきっかけとして頂く。